堕落屋・睡連歌

巡り 巡る また巡るのは 未来の騙り部?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

某マイミクさんの

お祖父様やらお祖母様が羨ましい。

正直現在入院中の父方の祖父に対して私はあまりいい思い出もいい感情も持ち合わせてない。

要するに半分はご機嫌とりだな。

母さんもやっぱり父方の爺婆嫌ってるし共働きだし両親お互い仕事やら何やら色々あるし。

それでも結局誰かが看てなきゃいけない。

時間の許す限りは手伝おうって一応思うけどね。

出来れば一緒に居たくないしむしろさっさとどっか逝ってって願っちゃう自分((

今日も昼から付いてて母親と晩飯食べて家に帰ってやれやれと一息付いた矢先に病院から電話で呼び出し食らってトンボ帰りだよ全く。

なあ爺様、その徘徊癖をどうにかしてくれ頼むから。

機嫌良かったら良かったで絡んでくるし悪かったら悪かったで喚くし。

何度後ろから首絞めたくなったか。

何度その背中を蹴り飛ばしたくなったか。

声のトーンは柳○可奈子並みの高さ(高い方が聞き取りやすいだろうから)だけど顔は間違いなく笑ってない。

しかしだな。

自分が年取ってこの爺さんと同じように介護を必要とする身になったとしたら…それはやっぱり嫌だなって思う。

食事やらお手洗いやら何から何までだもの。

何だかねぇ。

そしてこんな立て前だけじゃなく純粋に身の回りの世話を手伝ってくれる子や孫は果たしているのかね。

人間って老いた時に初めて自分がどんな生き方してきたか、とか考えるんかな。

結婚したらなるべくみんなが笑顔で居られるいい家庭を構えたい。

家族仲良く出来ればそれでいい。

ダメな事はきちんと叱る、良い事したらちゃんと誉める。

お祖父ちゃんお祖母ちゃんになってもニコニコしてたい。

私の願いはそれで十分。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。